辛くなったら、医師に相談しましょう。

うつ病の大切な事

うつ病の治療について

うつ病の治療は開始が早ければ早いほど効果を実感しやすいと言われています。というのも、うつ病は治療を遅らせれば遅らせるほど、その間に症状が悪化しやすく、いざ治療を開始したころにはすでに重度のレベルにまで病状が進行していたなんてケースもあるのです。うつ病の代表的な症状である睡眠の質の低下、これは夜正常に眠れないことによって集中力が低下し、他の症状も悪化させる厄介な症状で放っておけば何もしなくても症状の悪循環を引き起こしていきます。 もちろん、うつ病は決して治らない病気というわけではないのですが、それでも重度になるとその分治療期間も長くなり、患者の精神的、体力的負担がより大きくなってしまうので注意が必要です。

周りの人間ができること

うつ病の症状がより顕著になれば仕事仲間や家族など、周りは何となく察知できます。集中力が散漫になっていたり仕事でミスが続いたり、何となくいつもと様子が違う、それが慢性的に続いているようだと一度本人の話を聞いてみてもいいかもしれません。 ただ、うつ病が疑われる本人がそれをうまく受け入れられずに、症状が進行してしまうなんてケースもあるので、出来ることなら本人を傷つけずに、周りが治療を促すなんてことも大切になってくるのです。 ちなみに、人によっては周りに治療を促されることでさらに強く拒絶してしまう、意地になってしまうなんてこともあるので治療については様子を見つつ、慎重に勧めていくことをおすすめします。必要があれば周りの人間が医師や専門のカウンセラーに相談してみる方法もあるので、気になる人は参考にしてみてください。